生産管理システムをカスタマイズし、実稼働させた「杭州大誠塑膠制品有限公司(中華人民共和国浙江省)」

事例

  • HOME
  • ブログ
  • 事例
  • 生産管理システムをカスタマイズし、実稼働させた「杭州大誠塑膠制品有限公司(中華人民共和国浙江省)」

杭州大誠塑膠制品有限公司(中華人民共和国浙江省)
JBグループ広報誌:Link(No.28) 「杭州大誠塑膠制品有限公司様」
https://www.jbgroup.jp/casestudy/238-1.html

■業種:製造業
■用途:生産管理システム、カスタマイズ

■要約
国内メーカーの海外拠点として活躍する杭州大誠塑膠制品有限公司。 同社が抱えていた課題は「生産管理」だった。

日本語/中国語の対応はもちろん、複数の通貨や税制に対応したものでなけばならない。そこで注目したのがWEB生産管理システム「Smart生産管理システム」。

クラウドサービスのため、ハードウェアの構築が必要ない。品名や得意先名など3カ国語分の登録が可能で、使用環境に応じて自動的に言語が切り替わる。また、換算レートをマスタ登録することでレート換算も自動計算可能。税種や税率をマスタに追加できるので、税種ごとの税率切り替えも容易だ。

満を持して導入したSMART生産管理システムだが、現場からの協力が得られず、運用が定着しなかった。その理由の1つが、専任の管理者不在ということ。

新しいICTシステムを運用にのせるためには現場の負担が増えてしまう。そこで、JBグループに協力を求め、現場スタッフとともに、業務の見直しやSmart生産管理システムのカスタマイズを実施。現場スタッフの業務も大幅に軽減されたほか、生産管理システムも運用されるようになった。その結果、ICTの活用が加速したという。

■本編はこちら(https://www.jbgroup.jp/casestudy/238-1.html

質問やお見積もりの依頼は、こちらから!
お問い合わせはこちらから